ヘッドミント川越店

【睡眠が不足がもたらす身体へのダメージ】専門店が解説

現代社会で生きる人たちの悩みの一つ睡眠不足

 

 

「仕事が忙しくて眠れない」「明日のことを考えると眠れない」「途中で起きる」「朝起きれない」

 

これ以外にも【睡眠】で悩みを抱えている人がたくさんいると思います。

 

今回は睡眠不足が原因で起こりうる身体の不調や病気に関してドライヘッドスパ専門店が簡単に解説をしていきます。

 

 

睡眠不足で起こる身体への影響

 

睡眠不足からくる身体への影響簡単にまとめると

・倦怠感
・肌荒れ
・体臭がきつくなる
・うつ病
・薄毛
・思考力低下

 

睡眠不足が続くと身体を十分に回復することができなくなり倦怠感が生まれます。この時期朝倦怠感を感じる人が多いのはエアコンの温度だったりも原因として挙げられます。

 

続いて、肌荒れですが人間が睡眠をして身体を休める際に成長ホルモンが分泌されます。

この成長ホルモンが何層にもなっている肌を修復してくれるということなのですが浅い眠りや寝付きが悪かったりすると日頃のダメージを回復するまで分泌することが難しくなってしまいます。また肌の修復は睡眠中でも最後に回復させる場所と言われているのできちんと睡眠時間を確保することが大切になってきます。

 

薄毛も睡眠中に分泌される成長ホルモンが関係しており寝不足が続くと細く弱弱しい髪の毛が生え、抜けてしまいます。

 

ざっくりと紹介していきましたがこういった状態が続いてしまうことで精神的にもネガティブになりうつ症状や病気わをずらってしまう可能性が大きくなってしまうと言われております。

 

 

どれくらい眠ればいいのか?

 

 

 

良く耳にするのはのは1日8時間といわれておりますがこのコラムを見ていただいている方は多分8時間も睡眠ができていない状態がほとんどだと思います。

 

ただこの8時間というのはものすごく大事なことなのです。

 

人間は完全にシャットダウンしている状態の睡眠と眼球等がまだ活動している睡眠を行ったりきたりしています。

 

この完全にシャットダウンした状態が長ければいいというわけでもないのですが疲れがたまりやすい、寝不足の方は十分にこの状態で休めていないと言うことになります。

 

逆に言うとしっかりとこのシャットダウンした状態の睡眠が確保できている人はさほど睡眠に悩んでいないことでしょう。

 

 

しっかりとシャットダウンするためにはどうしたらいいのか

 

これには色々な方法がありますが一番大切なのは【癖つける】ということです。

 

睡眠以外にも同じことが言えますが、寝る時間を決める。起きる時間を決めてその習慣を癖付けることによってある程度の改善は可能だと思います。

 

「寝る前にユーチューブを見て気付いたらたら朝になってた」という方や「考え事をしていたらだんだん寝れなくなってしまう」方、それぞれ対処法が違って来るとは思いますが共通して言えることが寝る体制を整えることは皆さん可能です。

 

 

寝る体制を整えるにはどうしたらいいの

 

ざっくりとご紹介していきます。

 

 

・湯船に浸かる
・エアコンの温度を下げ過ぎたり上げすぎない
・夜遅くに食事を取らない
・寝る前にスマホやパソコンを寝室に置かない

 

こちら簡単にできることを紹介しましたが「そんなこと言っても時間がないんだよ」と思われる方がほとんどだと思います。

 

そんな時、とても手軽にこの寝る体制を整えることができるのがドライヘッドスパです。

 

以前コラムに書きましたがドライヘッドスパは寝ることも目的に組み込んでいるリラクゼーションサービスになります。

 

ドライヘッドスパを受けてから数日間はよく眠れたり、寝付きが良くなるとお客様の声をいただきます。

 

 

まとめ

 

 

・睡眠がなかなか取れなかったり睡眠の質が良くないと身体だけではなく、精神的にも負担がかかる

 

・睡眠不足が原因で病気になってしまうこともある

 

・睡眠の質が悪い人はまず普段から寝る体制を整えることが大切。

 

・ドライヘッドスパを受けることによって数日間は睡眠の質を向上させることができる。

 

テレワークやオフィスワークがごっちゃ混ぜになりなかなか生活習慣が安定しない方が増えてきていますがまずは手軽に寝る体制を整える事ができるドライヘッドスパを体験してみてはいかがでしょうか?

 

ご予約はホットペッパービューティHPからでも承っております。